一ノ蔵 特別純米生原酒 「3.11未来へつなぐバトン」

  2017/03/11 
- Category - ぶつぶつ…

一ノ蔵 特別純米生原酒 「3.11未来へつなぐバトン」今年も、この日がやってきました。
六年前の今日の出来事は、今でも鮮明に覚えています。
火の気のない部屋で布団にくるまり、何かのためにとスマホは使わないようにしていたので、唯一の情報源はラジオ…
しかし、ラジオを聞いても被災された方々の名前が読み上げられているだけで、状況がまったくわからず、不安な夜を過ごしました… って、寝るしかなかったけれど(笑)

先日、献杯のお酒を紹介いたしましたが、もう一本召し上がって頂きたいお酒があります。
それが本日オススメの日本酒、「一ノ蔵 特別純米生原酒 「3.11未来へつなぐバトン」」です。
以下、蔵元からのコメントです。

東日本大震災からもうすぐ6年経とうとしていますが、一ノ蔵では報道ではなかなか表に出てこない困難な状況にある子供達を支援する企画を2011年12月に立ち上げました。0歳から20歳までの子供たちを支援する事業を展開している「ハタチ基金」 へ、企画した商品の一ノ蔵の売上を全額寄付するものです。この商品名のなかにある「バトン」とは、賜ったご恩を「バトン」に見立て、日本の将来を背負う子供たちへこのバトンを渡し、更に次の方々へつないで欲しいという一ノ蔵グループ全社員の願いが込められております(昨年も多くのご支援をいただき、総額6百万円台後半の寄付金を集めることができました)。原料米は松山町酒米研究会が丹精込めて栽培した特別栽培米「蔵の華」を100%使用し、「門脇豊彦」杜氏と蔵人たちが、その米の魅力を最大限に引き出させるように心を込めて醸造しています。

今宵は、ほの家で献杯を!