風邪気味のときは「天使のたまご酒」

天使のたまご酒昨夜から、ちょいと体調崩しめの店主です…
今朝、目覚めましたら、頭の芯から喉の奥にかけてツキンツキン…
そういや、昨夜はやたらとくしゃみが出たなぁ~なんて思いつつも、どうやら風邪のようです。

風邪の時に呑む酒と言えば… やっぱりコレ「天使のたまご酒」ですネ!

純米酒に卵、グラニュー糖でていねいに仕込まれたたまご酒です。
アルコール度数は10度台、エキス分が強く2%以上あります。

この「天使のたまご酒」、常温のままで呑むと甘さが控えめで、思ったよりサッパリ呑むことができます。(保存は冷蔵でお願いします)
まるでカスタードクリームのような甘さが最初に印象づけられているので、のど越しの酒の味がカリッと辛くてスト~ン!と収まっていきます。

この食感と喉ごしに驚かれること請け合いです。

そして「たまご酒」ですから、温めて呑んでみると…
トロリとした粘性が少し緩んで、サラリと口に入ってきます。
甘すぎず、純米酒らしい日本酒のコク味と旨さに、卵のトロッとした食感とまろやかさが相乗効果となって格別のおいしさを引き出します。

まるで大人のスィーツ?
プロが作ったホンモノのたまご酒ですよ!

新ジャンルの日本酒、1度は試してみてね!

今宵も、札幌市最北の日本酒居酒屋、ほの家でお待ちしております~!