裏って、なんか怪しげで楽しそうですよね… 陸奥八仙 純米大吟醸 華想い 裏ラベル 無濾過生原酒

陸奥八仙 純米大吟醸 華想い 裏ラベル 無濾過生原酒暑さ寒さも彼岸まで…といいますが、彼岸の中日を過ぎてその言葉がぐっと重みを増してきましたね。
日差しは柔らかいながらも確実に強まっていまして、大きな道路にはほとんど雪がありません。

実はこの言葉、気象庁の観測データによってもおおむね的を得ていると言われています。
とはいえ、北日本と南日本では気候が違いすぎる日本ですので、北に住む我々からはちょっと早いかな…という気もしますが…(^_^;
平均気温を見てみると、春の彼岸は概ね12月上旬から中旬の気温、秋の彼岸は概ね5月下旬から6月上旬の気温とほぼ同じであり、それぞれ秋から冬への過渡期の晩秋、春から夏への過渡期の初夏の平均気温と等しくなんです。

さて今宵オススメの日本酒は「陸奥八仙 純米大吟醸 華想い 裏ラベル 無濾過生原酒」。
長いですね~(笑)
通常の「陸奥八仙 純米大吟醸 華想い」は、いわゆる中取りの部分を使いますが、この裏ラベルは「荒走り」と「責め」の部分をミックスしたもの…
通常のものに比べると、ちょいと濃いめの味わいが楽しめますよ!
是非に、通常のものと飲み比べしてくださいね!

今宵も、札幌市最北の日本酒居酒屋、ほの家でお待ちしております~!