福小町 角右衛門 直汲み 特別純米生原酒

  2017/03/29 
- Category - ぶつぶつ…

福小町 角右衛門 直汲み 特別純米生原酒今日は3月29日… ちょうど30年前の今日で羽幌線の運行が終了いたしました。
国鉄最後の廃線となりました。
羽幌線は、留萌と幌延を海岸沿いに結ぶ路線ですが、店主が初めて乗車したのは昭和54年だったかな~
稚内から天北線で浜頓別、そして北見枝幸へ…
そして、北見枝幸~浜頓別~音威子府~幌延~留萌~深川~札幌という「めんどくさい切符」を、折り返しの列車は10数分後に発車するというのに、作ってもらい…という思い出がよみがえります。

そうそう、なぜかほの家のお客様には羽幌線にゆかりがあるお客様が多いです。
「番屋ノ沢仮乗降場」近くに親戚の家があったとか、「小平駅」から山の中に入っていった「達布」に住んでいたとか…
そうそう、「遠別」に住んでいる方も数回見えられてます… 綺麗な女性なんですが飛行機大好きで、頻繁に千歳に来ているとか…(笑)

今宵は、羽幌線の思い出話をしていただけるお客様がくるかな~

今宵オススメの日本酒は、「福小町 角右衛門 直汲み 特別純米生原酒」
ピンク色のラベルは、まさに春っぽい感じですね~!
開けたての時は、まだシュワシュワ感残る口当たりで、とってもフレッシュ!
残念ながら、そのシュワシュワ感はなくなりつつありますが、フレッシュな味わいはそのままですよ!
華やかでフルーティですが、キレもよいのですぅ~~~っと入っていきます。
お口の中で春を感じられますよ~!

このブログで紹介したお酒、紹介したその日に限り、「ブログにでたお酒ちょ~だい!」の一言で、100円Offとなります!

今宵もほの家で雄町しています~!