津波の日

浜千鳥 特別純米酒今日は「世界津波の日」なんですと。
直近ですと、インドネシアで発生しましたが、世界的に津波は増えていますね…
異常気象のひとつなんでしょうか?

でも、なぜ今日が「世界津波の日」なんでしょ?
制定自体は2015年と最近なのですが、津波の早期警報への備えなどを目的に制定されたようですが、なぜ11月5日かというと、1854年11月5日に和歌山県で起きた大津波の際に、村人が自らの収穫した稲むらに火をつけることで早期に警報を発し、避難させたことにより村民の命を救い、被災地のより良い復興に尽力した「稲むらの火」の逸話に由来しているとのこと。
いや、びっくりですね!
世界的な記念日の発端が日本であることなんて、そうそうないと思います。
決していい思い出はないと思いますが、先日の地震の事も含めて防災の意識を高めたいですね!

本日オススメの日本酒は「浜千鳥 特別純米酒」、釜石のお酒です。
釜石というと、東日本大震災の時に津波が押し寄せ、大きな被害を被った町です。
浜千鳥の蔵は、幸いにしてタンクがずれた程度の被害でしたが、流通が停まってしまって、大変だったようです。

2014年に店主は釜石を訪れたのですが、浜千鳥のおいしさについつい呑みすぎた思い出がございます…
美味しいですよ!

今宵も、札幌市最北の日本酒居酒屋、ほの家でお待ちしております~!