亀の尾

道路の雪がじんわり解ける…

それくらいに暖かいはずはんですが、なんとも空気が冷たい感じがします。

今宵も冷え込むのかなぁ~

昨夜の帰り道、店の前の通路で、ママがすってんころりん!

アブナイ道ですので、お気を付けてくださいね!

ちなみにこの冬… 店主は一度も転んでおりませぬ(^O^)v

土鍋ごはん日本酒はお米から作られますが、使われるお米はたくさんの種類があります。
北海道のお酒用の米ですと「吟風」「彗星」「きたしずく」などがありますね。
その他有名な酒米としては、「山田錦」「雄町」「五百万石」などでしょうか…

数あるお米の中で、「亀の尾」というお米があります。
一度は絶滅したお米なのですが、とある酒蔵が「もう一度亀の尾のお酒が呑みたい!」という事から、ほんの少し残っていた種籾から復活をはたしました…

そのあたりは「夏子の酒」がわかりやすいですね… 作品中の「龍錦」は「亀の尾」の事です。

その「亀の尾」を使ったお酒は、芳醇な味わいで店主も好きなお酒の一つです…
ファンも多いですね。

ところが、この「亀の尾」は、もともとは「食米」だったって事はご存じでしょうか?
食米とは、炊いて食べる用のお米です… 道産なら「ゆめぴりか」「ななつぼし」といったお米に相当します。

というわけで… 「亀の尾」のお米を仕入れてみました。

注文を頂いてから土鍋で炊きあげますので、1時間ほど時間をいただきます…
でも、なかなか食べる機会がないお米ですし、なにより炊きたてでちょいと「おこげ」もついたご飯が楽しめます!

お通しで出している「うめぼし」や「いりこみそ」なんかで召し上がるといいかも!?

また、亀の尾のお酒を呑みながら、亀の尾を食べるってのも、おもしろそうですね!

量はそれほどありませんので、無くなりましたらごめんなさい!

※写真は「亀の尾」ではありません、イメージです。

予約はこちら

ほの家では、ご予約をインターネットにて24時間受け付けております。インターネットに対応しているパソコンもしくはスマートフォンからご予約が可能です。下の [WEB予約] よりご予約をお願いします。